福岡市内の老舗フリーペーパー月刊SKIPは今年で21年目。福岡の女性を美しく元気に輝かせる情報を発信していきます。

毎日続ける!が大切。“紫外線対策”

ボディケア

紫外線を予防するには、紫外線の及ぼす影響を再認識して、しっかり防止すること。日焼け止めをシーンに合せて選んだり、効果的な塗り方も大切。室内でも油断せず必ずUVケアを!ここできっちり防げるかで、「肌」に差がつくのです。

NEWS!

今年から「SPF50+・PA++++」表示が紫外線防止効果の最高レベルを表します!
SPF50+ UV-Bをブロックする指標
PA++++  PA値はUV-Aをブロックする指標
紫外線防止効果測定法基準が改定され、これまではUV-A防止効果の表示として「PA+++」が最高レベルでしたが、新たな測定により2013年1月から「PA++++」表示が最高値となりました。

PA(Protection Grade of UV-A)
UV-Aを防ぐ効果を表す指標。「+」が増えるごとにUV-Aの防御効果が高まります。「PA+++」が“UV-A防御効果が非常にある”のに対して、「PA++++」は“UV-A防御効果が極めて高い”違いがあります。
SPF(Sun Protection Factor)
UV-Bを防ぐ効果を表す指標。SPF1でUV-Bを約20分間防ぐことを表します。

光老化の原因・UV-A対策でエイジングケア!!
光老化とは加齢による自然老化に対して、紫外線を浴びることで起こる皮膚の老化のことです。

特に、紫外線の約90%を占めるUV-Aは、波長が長いため肌の奥深くまで届き、真皮のコラーゲンの変成を招き、シミやシワなどさまざまな肌トラブルの発生に関わっていることがわかってきました。
しかも、UV-Aは雨の日も曇りの日も降り注ぎ、ガラス窓も通り抜けてしまうため、自宅にいるときでも日やけ止めは欠かせません。洗濯ものを干すときやゴミ出しのときなどでも要注意です!

日焼け止め商品の傾向
◦UVカット + 大気汚染など外的ストレスもブロックするもの
◦UVカット + 肌にやさしくスキンケア効果もあるもの

あらためて紫外線とは?

太陽光線のうち、波長の短いものほど体への悪影響は大きいのですが、オゾン層に阻まれ地上に届くことはありません。紫外線のうち地上に届くのは紫外線A波(UV-A)や紫外線B波(UV-B)です。

UV-A と UV-B
●UV-Aは、エネルギーの弱い紫外線ですが、肌の深部まで届き、組織そのものに悪影響を及ぼします。ガラスや雲を通過して、照射量も季節や時間にあまり関係ないので、1年を通して対策が必要です。繰り返し浴びることで、肌が黒く日焼けするサンタンを起こし、シワやたるみなどの肌老化を早める原因となります。
●UV-Bは、皮膚の表皮までしか到達しませんが、エネルギーが強い紫外線です。肌に急激な炎症をもたらし赤く日焼けするサンバーンを起こし、シミ、ソバカスの原因にもなります。大量に浴びると免疫力が低下して病気を併発する恐れもあります。日傘や帽子、長袖のシャツなどで、ある程度防ぐことができるので、ぜひ対策をしましょう。

日やけ止めの効果的な塗り方と忘れちゃイケナイ塗り直し
日焼け止めは、適量を丁寧に伸ばすことが大切です。顔の中では、特に額・鼻・頬は紫外線を受けやすいところなので注意しましょう。顔のフェイスラインや耳にも塗ります。また、紫外線を防止しながらメイクの美しさを持続させるためには、こまめに塗り直しをするのがべストです。一度塗って、30分後に二度塗りするのも効果的です。塗り直し用の日焼け止めも用意しておきましょう。メイクの上から使えるパウダーやスプレータイプなら髪からボディまで手軽にUVカットできます。塗り直しの際はフェイスラインも忘れずに!

目の紫外線予防が大切

目が紫外線を受けると、脳がメラニンを出すように指令を出し、メラニン色素が増加。シミなどの肌トラブルの原因につながります。また、角膜障害や白内障などは、紫外線の影響があるといわれています。紫外線透過率の低いサングラスを使用しましょう。ビッグフレームやメガネと顔の間に隙間が少なく柄の太いものが紫外線対策には適しています。

おさらい!
紫外線対策のポイント
◦室内でも油断は禁物!
◦曇りの日も危険!晴れの日の50%程度の紫外線があります。
◦紫外線には地面からはね返ってくる反射光もあるので、UVケアは欠かせません。
◦色白の人は数値の高い日焼け止めでケアを。
◦紫外線を最も透過しない色は黒です。日傘や帽子などを選ぶ時は注意しましょう。

<紫外線対策アイテム>

帽子
顔や頭皮、髪の紫外線対策には帽子は最適。UVカット加工のものやつば広のタイプがより効果的です。

日傘
日焼け止めやサングラス、手袋などと併用して、ぜひ利用したいものです。最近ではUVカット素材や遮光カーテン生地、アルミコーティングの日傘も登場しています。

手袋&アームカバー
さまざまな場面で利用できるように、二の腕までカバーするロング丈のアームカバーや手の甲だけのもの、接触冷感&UVカット素材でクールな使用感のものなど、タイプもさまざま。デザインも豊富なのでファッションに合せていくつか揃えるのも楽しいものです。

ストール
首や腕、胸元を紫外線から守り、夏は室内での冷房対策にもなります。

サプリメント
美白成分や美肌成分が配合されたサプリで、紫外線の影響から肌を守りましょう。

ランキング