福岡市内の老舗フリーペーパー月刊SKIPは今年で21年目。福岡の女性を美しく元気に輝かせる情報を発信していきます。

気分転換に島へ行こう!

おでかけイベント情報

福岡には魅力溢れる島がいっぱい!

潮風を感じながら船に乗って非日常の世界へ!そんな魅力がいっぱいなのが島。気軽に気分転換できる島へ行ってみよう!

【志賀島(しかのしま)】福岡市東区
アクセス:博多埠頭(ベイサイドプレイス)→志賀島港(市営渡船33分)
海の中道から志賀島橋を渡れば志賀島です。志賀島で「漢委奴国王」と彫られた金印が見つかったことにより、日本の古代史に大きく光を当てることになったといわれています。志賀島は海路を見守る海神として神格化された存在でもありました。島名の由来も神功皇后来島に由来するといわれ、対岸と島が近かったので“ちかしま(近島)”と呼ばれていたのが訛って“しかしま”になったとも伝えられています。歴史ロマン溢れる島には海水浴場が3つもあり、美しい景色はスポットで違う魅力を見ることができるし、「休暇村志賀島」では温泉を楽しめるし、新鮮な魚介類を堪能できるお店もあり、楽しみ方が様々ある島です。
ここに立ち寄ろう

【海の中道海浜公園】
園内は花のエリア、芝生のエリア、自然体験エリア、遊びのエリア、博多湾エリア、玄界灘エリア、リゾートエリアの7エリアで構成。スポーツイベント、プールやキャンプ等のレジャー、動植物とのふれあいなど、自然を楽しみながら遊べる公園です。
■住所/福岡市東区大字西戸崎18-25
■問合せ/092-603-1111
■営業時間/3月~10月9:30~17:30 11月~2月 9:30~17:00
■休園日/12/31・1/1、2月の第1月曜日とその翌日
■入園料(税込)/大人(15歳以上)410円、シルバー(65歳以上)210円、子供(小中学生)80円、小学生未満無料
「海の中道フラワーピクニック2014」が開催
5月6日まで(入園無料日:4/27(日)・5/4(祝)・5/5(祝)※5/5は中学生以下のみ対象)
●毎年開催される春を彩る花いっぱいのフラワーピクニック。今年は200万本のネモフィラを使った花の海が登場したり、花の地上絵など見どころ満載!他にも週末には乗馬体験などの楽しいイベントがいっぱいです。

◎潮見公園展望台
志賀島で一番高い場所。海の中道やヤフードームなど360度のパノラマビューが楽しめます。

◎金印公園
志賀島で発見されたという金印を記念した公園。金印をかたどった碑があります。

◎志賀海神社
三大海神の一つ綿津見(わたつみ)神を祀る総本社。

◎朝市と夕市
朝市は4月上旬~12月上旬(第1・3日曜日)8:00から志賀島漁港で、夕市は5月~12月(第2・4土曜日)14:00から弘漁港で行われています。
休暇村 志賀島
新鮮な海の幸が堪能できたり、温泉を楽しんだりできます。

【能古島(のこのしま)】福岡市西区能古
アクセス▶姪浜港・能古渡船場→能古島(フェリー10分)
博多湾の真ん中に浮かぶ能古島は、万葉の歌人たちが歌を残したロマンの島。島名の由来は、「神功皇后が三韓征伐から帰国した際に、この島に住吉の神霊を残し留めて異国降伏を祈ったことによる」と地元の風土記にあります。のんびりハイキングで島の魅力を感じながら「のこのしまアイランドパーク」まで歩くというのもオススメです。他にも、海水浴場やキャンプ村、能古島展望台、能古博物館など楽しむポイントが沢山あります。もちろん新鮮な魚介類も堪能できます。
ここに立ち寄ろう

◎のこのしまアイランドパーク
島の北側にある15万㎡の自然公園。四季を通して一年中、様々な花が園内を彩ります。5月上旬まではデージー・ポピー・マリーゴールドが、6月からはダリア・あじさい・ひまわり・海紅豆などが咲きます。ミニ動物園、のこのこボール、アスレチックや、レストラン・宿泊施設もあり、家族みんなで楽しめます。
■住所/福岡市西区能古島 ■問合せ/☎092-881-2494
■営業時間/平日9:00~17:30 3月~11月の日・祝9:00~18:30
■休園日/年中無休
■入園料(税込)/大人(高校生以上)1,000円、子供(小中学生)500円、幼児(3歳以上)300円


【小呂島(おろのしま)】福岡市西区大字小呂島
アクセス▶姪浜→小呂島漁港(65分)
玄界灘に浮かぶ、外周約3.5kmの小さな島。島の中央には、原始林や戦時遺構がひっそりと残り、南斜面は中腹まで段々畑が続いています。海は豊かで、今でも旋網(まきあみ)漁を中心とした漁業が島を潤しています。島の見どころは、いつか、どこかで見たような懐かしい路地が広がる町並み。路地裏をそぞろ歩くと、島猫に出会えることもあります。

【玄界島(げんかいじま)】福岡市西区大字玄界島
アクセス▶博多埠頭(ベイサイドプレイス)→玄界島漁港(35分)
玄界島は博多湾の出入口に浮かぶ離島で、標高218mの遠見山を中心に傾面が海岸線まで続き、平地がほとんどありません。玄界島は漁業が盛んで、サワラ、ブリ、サザエやワカメなどが特産品です。