福岡市内の老舗フリーペーパー月刊SKIPは今年で22年目。福岡の女性を美しく元気に輝かせる情報を発信していきます。

この季節、ニオイも気になるものです。

ヘルスケア

ヘルスケア,夏,細菌,ニオイ,対策,汗,汗腺ちょっとした心がけをアドバイス!
汗をかくと臭くなるのはなぜ?

実は汗自体は無臭なのに、時間が経つとニオイが発生します。
その原因は細菌の働きに。温度や湿度が高い、皮脂が多いなどの条件が揃うと、細菌が発生し、その細菌が汗や皮脂を分解することで、不快なニオイが発生します。
また、2種類ある汗腺のうち、ワキの下に多いアポクリン腺から出る汗の方が、ニオイの原因になりやすいことがわかっています。

ヘルスケア,夏,細菌,ニオイ,対策,汗,汗腺ニオイ対策の基本

できるだけ早く汗を拭き取る
汗をかいたまま放置すると、皮脂常在菌がニオイのもとを作ってしまいます。早めにふき取ってニオイを予防しましょう。
足を清潔に保つ
足裏は汗をかきやすく、アカなども多いうえに、靴に覆われていて汗を外に出すことができません。汗をかいたらデオドラントシートで汗を拭き取り、お風呂では指の間や爪の周辺までしっかり洗いましょう。靴も蒸れてニオイを発生させるので、1日履いた靴は風通しのよい場所に置き、中の汗をよく乾かしましょう。
食べ物にも注意する
ニンニクやニラなどニオイの強いものを食べると、息だけでなく汗からもニオイが出てしまいます。また、脂っこいものを食べ過ぎると、皮脂の分泌量が増えて、ニオイの原因になってしまいます。
汗腺機能をアップさせる
代謝が悪く汗腺が退化すると、汗が濃くなりニオイも強くなります。普段から運動や入浴で汗をかき、汗腺を整えていれば、ニオイの少ないサラサラの汗がかけるようになります。ヘルスケア,夏,細菌,ニオイ,対策,汗,汗腺

ランキング