福岡市内の老舗フリーペーパー月刊SKIPは今年で21年目。福岡の女性を美しく元気に輝かせる情報を発信していきます。

マザールーフ誕生物語 なぜ編集部が作ったのかVol.2前編

マザールーフ

NPO法人マザールーフの活動を始めると思わぬ問題が続発!

 マザールーフの広報活動をスタートさせ、編集部のスタッフを中心に頑張り始めました。
保護した犬の中からセラピードッグに向いていると思われる犬を、東京のセラピードッグ協会へトレーニングに出したりしました。
何頭か出した中で、セラピードッグとなり東京で活躍する犬が出てきました。
保護して良かったと皆で喜んでいました。

ms1▲会社の前につながれていたウィズリー 須崎公園で保護されたスキッパー 里親さんが決まった 子猫たち

 犬たちの保護も多くなりました。
「捨てられた犬がいるから保護してほしい」とか、「保護はしたけど家では飼えないから何とかしてほしい」などの連絡が入って、受け入れたりしていました。
里親探しも行い里親にも多数出しました。
 しかし、保護した犬の中には問題行動や高齢犬、病気の犬たちがたくさんいます。
その犬たちは里親に出すことはできません。
里親に欲しいと願われる犬は、純血種や小型犬が多いのです。
でも、どんな犬でも可愛いので、マザールーフでは公園に捨てられている犬たちの保護を頑張っていました。
 そうすると、困ったことが多くなりました。
「保護したので引き取りに来てほしい」「引っ越すことになったので引き取りに来てほしい。来ないと貴女のせいで死ななければならない」などの連絡が多く来るようになりました。
会社の前で、子犬を持ってきて待たれたこともあります。
会社の入り口に、ゲージに入れられたミニチュアダックスフントを置いて行かれたり、大型犬がつながれていたこともありました。

 私たちにも限界があるので、住所や電話の告知をやめるようにしました。
そんな中でも、公共機関で保護された犬などは引き取っていました。
動物管理センター(現在は動物愛護センター)に行くことになる犬たちは、命がなくなるかもしれないからです。
今でも「子猫がいたので持ってきた」など、さまざまなことが起きています。

保護した犬たちはなかなか里親に行けない
問題行動や大きいミックス犬、高齢犬だから

 マザールーフに来る犬は、何故だか大きなミックス犬が多く、子犬はほとんどいませんでした。他にも、高齢犬や病気の犬が多くいます。
 捨てられた犬にはオス犬が多く、問題行動がある犬たちでした。
問題行動は、愛情を注ぎ、少しずつ改善できるように散歩の間にトレーニングをしました。

 病気の犬も多く、フィラリアの犬が多かったと思います。
フィラリアは、時間はかかりますが改善できる病気ですが、フィラリアにかかって捨てられた犬は、外で飼われて愛情の注ぎ方が希薄だったと思われる犬が多かったです。

 しかし、どんな犬も愛情を注げば改善し人間が大好きになってきます。
喜んだりする感情を表すようになってくれます。
しかし、こんな犬たちは里親にはなかなか行くことは困難でした。
もちろん病気の犬はほとんどがダメでした。

ms-2▲春(左)と金太郎(右)

 

 

寄付のお願い
犬たちが高齢になっていますので医療費が高額になっています。持病を持っている犬なども多くなりました。自分たちだけの金額では足りなくなっています。ぜひ、医療費としての寄付をお願いします。

郵便振替
 振替口座番号 01730-0-108697   口座名:「マザールーフ」事務局

銀行振込
 福岡銀行 本店営業部 普通 5073780   口座名:マザールーフ 代表 原田敦子