福岡市内の老舗フリーペーパー月刊SKIPは今年で21年目。福岡の女性を美しく元気に輝かせる情報を発信していきます。

編集長・原田のエッセイ 徒然ぐせ vol.173

徒然ぐせ

編集長・原田のコンテンツエッセイ
徒然ぐせ vol.173

徒然ぐせイメージ

 お濠の周りに雪が積もった日に散歩をしていると、楽しそうに犬たちは雪が積もった上を走りたがります。
靴を履かせているわけではないので、足が冷たいだろうと思っても平気で楽しそうでした。
「冷たくないの?」と言いながら、帰ってテレビを見ていると、犬の肉球は脂肪で厚くなっていて人間と違って大丈夫だとは言っていました。
 しかし、ついつい犬たちも寒いだろうと、寒い日は皆コートを着せて散歩に行くようにしています。コートはみなさんからいただいた物ですが立派なもの。ダウンコートのようなものや可愛いコートといろいろいただいているので、みんなで着まわして使っています。

 そう言えば、犬が増えてからレインコート以外のものはほとんど買ったことが無い。ありがたいことに、「使わなくなったので」と送ってくださる洋服が沢山あるので、サイズが合う物を利用させていただいています。

 よく考えると、「いつもと様子が違う」と気が付くと、病院へはすぐに行くようにしているが、物を買ってあげることは少なくなっているように思います。
もちろん必要なものは買いますが、病院代が優先だと考えて必要な物以外は買わなくなりました。家に来るのは高齢な犬が多かったので医療費が思う以上にかさみ優先したのです。

 しかし、長いこと多くの犬や猫たちと出会っているので、動物の病気や高齢犬の介護法などいろんなことを体験し、学んだことがたくさんあります。 今では体験から学んだことは私たちの財産になっています。これからもこの経験を活かして、動物たちの何かの役に立てたいと思っています。

マザー,ルーフ,

 まだまだ高齢犬がいるので、一年でも長生きできるように頑張ろうと思っています。

 

タイトル「徒然ぐせ」とは…かの有名な「徒然草」をもじったものである。このエッセイにあたり編集長のクセをタイトルにすることとなった。小誌編集長は犬も猫も大好きである。特に捨てられている犬・猫を見つけると会社へつれてきては保護する、つまり連れてくるクセがあるのである。今までどれくらい保護したことか…。(ちなみに編集長に保護された犬や猫は、すべて心やさしい里親に育てられていることは追記しておく。)

ランキング